うつ病は早期発見が大事!【発症のリスクがあるのかをチェック】

サイトメニュー

選ぶ基準を知ろう

悩む女性

精神科の前評判

精神科を選ぶ基準は、医師が自分の人間性とあっているかどうかが指標になります。まずはその精神科がうつ病に強い病院なのかをチェックしましょう。精神科によって、うつ病に強い病院、統合失調症に強い病院、解離症状に強い病院などと特徴があります。それぞれの精神科によって、どのような病気を得意としているのかが変わってくるのです。うつ病に強い病院を選び取るには、事前に病院に連絡を取り、インターネットや自己啓発本などでチェックした自分の症状を伝え、自分の状態とその精神科が行っている治療の方法との相性が良いかを考えましょう。また、カウンセリング治療を行っていない病院もあります。もしも自分がカウンセリングを受けたいという願望がある場合、カウンセリングを行っているかどうか、また、保険適用でカウンセリングを行っているかどうかをチェックすることが必要になります。しかし、いざ行ってみると医師との意見が合わなかったり、実際の評判と違ったりすることもあります。そのときは、医師に転院をしたい旨を伝え、紹介状を書いてもらい、別な精神科を受診することも視野に入れましょう。これらの情報を集めるには、医療機関を専門としている口コミサイトをチェックすることで簡単に知ることができます。それらのサイトでは、実際に病院に通って治療を行っている人が書き込みを行っており、どんな医師が治療を行っているかを知ることが出来ます。しかし、サイトの情報だけを鵜呑みにせず、気になった病院に実際に連絡を取り、どのような病院かどうかを調べるのが重要となります。うつ病にかかる費用は、ほかの精神病でかかる費用とあまり変わりがありません。また、初診料や再診料、診察料などは内科や外科でかかる費用ともほとんど同じです。精神科であるからと言って、診察料においては法外な値段を取られるということはありません。医師のチェックにおいてうつ病だと診断されても、内科で風邪です、と言われるのと同じで、値段が変わることはありません。保険証を提示すれば、普通の病院と同じ3割負担で診察を受けることができます。投薬治療には、若干高額な値段が提示されます。何故かというと、抗うつ剤には薬価と呼ばれる薬の値段が高いものが多いからです。ジェネリック医薬品が開発されているものも少なく、他の科で処方される薬よりも高い値段が付くことがほとんどです。しかしこれらの医療費は、精神通院医療や自立支援医療費制度と呼ばれる、精神疾患の治療のために通院されている人を対象にした、医療費の負担を軽減する制度を使って安く済ませることができます。市区町村によって多少の違いはありますが、支払い限度が決まっており、それ以上の金額は国が援助してくれます。それぞれの地区町村のホームページや保健所などでそれらの制度をチェックすると良いでしょう。カウンセリングも保険適用で受けられる場合があります。それは精神科のクリニックによって違います。保険適用外になる場合もあります。その際は、自費でカウンセリングを行うことになります。また、診断書も自費で書いてもらうことになります。診断書は、自立支援医療費制度など、様々な場所で必要になります。

Copyright© 2018 うつ病は早期発見が大事!【発症のリスクがあるのかをチェック】 All Rights Reserved.