うつ病は早期発見が大事!【発症のリスクがあるのかをチェック】

サイトメニュー

基礎知識をつけよう

医者

まずは身につけるもの

自分がうつ病かどうかチェックするには、インターネットが便利です。インターネットの、精神科の行っている簡単なうつ病チェックシートがあります。そこでは、医師に相談するために必要なチェック事項があります。身体がだるいかどうかや、朝に無気力かどうかなどをチェックします。もっと詳しいもので、うつ病チェック簡易抑うつ状尺度(QIDS-J)というものがあります。そこでは、睡眠がとれているかどうか、食欲はあるかどうか、精神運動状態はどうかなどを答えていくことで簡易的に自分が抑うつ状態にあるかどうかを知ることができます。抑うつ状態であることを知ることができたら、次は心療内科、あるいは精神科にかかります。そこでは投薬治療やカウンセリングなどを通して、うつ病から抜け出していく治療を行います。投薬治療では、脳内環境を整えていくための薬が処方されます。うつ病は脳内環境のバランスが崩れてしまうことで発症します。SSRIなど、抗うつ薬を処方してもらいます。その際、自分にぴったり合った薬を探すために時間が少しかかります。また、抗うつ薬には副作用があることもあります。もしも副作用かと思われる症状が出たら、すぐに医師に相談しましょう。カウンセリングでは、目に見えない心の形を正常に近づける治療が行われます。カウンセラーとの対話を通じて、自分の心と向き合い、少しずつ正常な状態へと戻していく治療を行います。どちらの治療も、うつ状態から抜け出すために非常に大切な治療です。医師やカウンセラーとの相談や対話を重ねながら、自分に合った治療法を探していきましょう。インターネットや医師によるうつ病のチェックと診断ができたら、次は治療が始まります。うつ病には抗うつ薬が使われます。抗うつ薬には効力がたくさんあります。心の調子を整えるもの、脳内物質の伝達を助けるもの、身体の調子を整えるものなどがあります。抗うつ薬を処方される際、医師から薬剤について副作用があることを伝えられる場合があります。主な副作用は、眠気やだるさなどがあります。この副作用が重大なものであるかどうかは、医師との相談が必要です。何か気になることが1つでもあったら、すぐに精神科で再診をしましょう。自分に合った薬が見つかるまで時間がかかることがあります。それは、抗うつ薬が効力を発揮するまでに1週間から2週間程度かかるためです。抗うつ薬がうつ病に対して作用するのに時間がかかるのには理由があります。それは、一度に身体や心に作用するほどの抗うつ薬を処方すると、重大な副作用を起こしうるからです。時間がかかっても、ゆっくりと自分に合った抗うつ薬を探していきましょう。カウンセリングという治療をおこなうこともあります。カウンセリングは、カウンセラーとの相性が非常に大事になってきます。カウンセラーにもうつ病や心のチェックに強い人から、その他の精神病に強い人まで様々な人がいます。もしも自分の意見と食い違ったり、人間としての相性が合わない、うつ病が良くならないなど気になることがあったら、医師と相談してカウンセラーを替えてもらうことも視野に入れましょう。まずは、自分が良くなることを最優先に考え、少しずつ時間をかけて治すことが重要です。

Copyright© 2018 うつ病は早期発見が大事!【発症のリスクがあるのかをチェック】 All Rights Reserved.